練馬で働く社長、初心日記

TOP » 溶剤管理は24h。クリーニングの要です。

溶剤管理は24h。クリーニングの要です。



    徹底された溶剤管理はどこにも負けません

溶剤管理

クリーニングに使用する溶剤とは、ラーメン屋さんに例えると
スープのようなもの。要の部分です。
常に完璧な状態でクリーニングできるよう徹底した
溶剤管理を24時間行っています。

洗浄液を洗浄中はもちろん、洗浄していない時でも常時循環させてきれいな状態を保っています。脱酸剤、活性炭、脱臭剤を使用し液をそれらに浸透させています。ドライクリーニング後のいやな臭いを経験された事はありませんか?それは溶剤の状態によるものが殆どです。

濾過機

ソープコントローラーを使用し、液中のソープ濃度を完全デジタル管理しています。最適なソープ濃度は洗浄力の発揮はもちろん、静電気防止や衣類の風合いに大きな影響を及ぼします。衣類のベタベタした感じや、カサつきを感じさせる事無く洗い上げるのは、ソープ濃度が重要な要因なのです。ワールドではコントローラーにより液中温度、濃度を常に一定に保った状態でクリーニングしています。

コントローラー

いくら溶剤管理に注力していても日々の洗浄行為により溶剤は変化を免れません。その溶剤状態を毎週月曜日に可視化しています。専用試験用液にクリーニング溶剤を混ぜ合わせ、色の変化を見て測定を行っています。一定の基準を満たしていない溶剤はすぐに濾過機や蒸留機に通され、再生されてから洗浄タンクに落としています。

IMG
ページトップへ戻る»